なんだか最近「汗が止まらない」、「動悸がする」「些細なことでイライラする」といった症状はありませんか?もしかしたら更年期特有の症状かもしれません。

更年期とその症状とは?

更年期の症状とは女性ホルモンの減少により心身ともにさまざまな不調を感じることをいいます。卵巣から分泌される女性ホルモンは30代後半から少しずつ減少し、45歳くらいから急激に下がっていきます。その時期から以下のような症状が出始めます。

更年期障害の主な症状

  • 記憶力や集中力の低下、ぼーっとする
  • 動機、息切れ
  • のぼせ、ほてり、口の乾き
  • 関節の痛み
  • 頻尿、性交痛
  • 頭痛、めまい、耳鳴り、ひどい肩こり
  • 不眠、疲労感、倦怠感
  • 焦燥、イライラ、心の不安定
  • 皮膚や粘膜の乾燥のかゆみ

 

年齢とともに女性ホルモンは減少する

年齢と共に卵巣機能が衰えると女性ホルモンは急激に減少していきます。大体45歳くらいから大きな変化を迎えることにより月経が不順になり、閉経に向かえ、55歳ごろになるとほとんど分泌されなくなります。(日本人女性の平均的な閉経時期は50歳前後といわれています。)

 

女性ホルモンの減少が脳を混乱させる!?

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、ひと月の間に一定のリズムで分泌されます。分泌量をコントロールするのは脳の役割で視床下部から脳下垂体を経て、卵巣に指令を送っています。

女性ホルモンが減り始めたことを感知した脳は女性ホルモンを出すように指令を出すのですが、衰えた卵巣はそれに応えることができません。そうして脳は混乱を起こしてしまうことで自律神経も影響をうけてしまい、発汗や動悸、イライラといった更年期症状があらわれるのです。

改善方法

女性ホルモンの分泌が減少していくなかで、それを補い、快適に過ごしていけるように日々工夫していきましょう。

更年期症状の改善方法

  • 栄養バランスのよい食事
  • エクササイズ
  • サプリメント
  • ホルモン補充療法
  • アロマテラピー
  • 漢方薬

 

更年期の症状や重さは人それぞれです。あらかじめ更年期のことや経験談を知っておくことで「自分だけではないんだ」とつらい気持ちが軽くなることもあります。