いくら掃除していても、いつの間にか発生している「カビ」。見た目が悪いだけでなく、様々な健康被害を引き起こす恐れがあります。快適な生活を保つために効果的な「カビ対策」を行いましょう!

「カビ」の原因と健康被害

次の3つの条件が揃った時、カビの繁殖は活発になり、増殖を続けます。
● 20〜30 ℃の温度
● 70%以上の湿度
●汚れやホコリ、食品など
カビ自体は強い菌ではありませんが、抵抗力の弱い子どもや高齢者がカビの胞子を吸い込んでしまうと、肺炎や喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚炎を引き起 こす恐れがあります。カビの中には、有害な毒素を産生し、発がん性が確認されている「カビ毒(マイコトキシン)」 が存在します。「カビ毒」は加熱でも取り除くことが困難です。「カビ毒」の摂取を防ぐためには、日頃から、食材の適切な管理を行うことが大切です。

「カビ」の効果的な除去方法

●エタノール…エタノールには、 たんぱく質を分解する働きがあるため、「殺菌」に効果的です。薄めたエタノールをスプレーボトル入れ、カビに吹きかけ、固く絞った雑巾で拭き取りましょう。
●カビ取り剤 … 浴室や洗面所などのカビが中性洗剤で落ちない場合は、カビ取り剤(漂白剤 でもOK!)を使います。カビ取り剤を吹きかけ、しばらく置き、汚れが落ちたらよく洗い流してください。
●重曹…重曹は「黒カビの除去」に効果的です。少量の重曹を水に溶き、塗り込みます。粒子が荒いのでクレンザーの代用にもなります。

今日からできる「カビ」対策

□除湿器やエアコンの除湿機能を使い、湿気を取り除く
□晴れた日は部屋中を換気
□料理中は換気扇を回す
□入浴後は残り湯を流す
梅雨や夏場、加湿器の使用時は「カビ」の繁殖が活発になります。室内の湿度に注意し、定期的に換気を行いましょう。「風通し」を良くすることが予防へと繋がります。

要注意!「カビ掃除」のタブー
❶掃除機…掃除機でカビを掃除することは、排気口からカビの胞子が放出されてしまうので危険です。
❷拭き掃除…拭いた時に畳の目や壁紙の繊維、家具の隙間にカビの胞子を押し込み、カビの発生の原因にな ります。水拭きの場合は、表面の汚れは取れますが、残ったカビの根に水 分を与えるため、逆効果です。