そんな血行不良の症状の解消には、ゆっくりお風呂で体を温める事が有効です。今回は、血行不良を解消する入浴方法に加え、お風呂に入りながらプラスアルファで疲れを解消する方法をご紹介します。

お風呂に入ると疲れがとれる

疲れ
お風呂に入って体が温まることを『温熱作用』といいます。温熱作用とは、皮膚の毛細血管や皮下の血管が広がり血流がよくなることです。これによって老廃物や疲労物質、コリがほぐれ、疲労が解消されます。また、冷えによって機能が低下してしまった内臓をあたため、働きをよくします。他にも、自律神経をコントロールする作用や、腎臓の働きがよくなることで利尿作用にもはたらきます。

〜疲れをとる入浴用法〜

お湯の温度は40度前後、肩につかるくらいの湯量に20~30分ほどつかりましょう。

お風呂の中でできる疲労解消法

・肩を回して肩甲骨周りをほぐしたり、首のストレッチ
・あたたかいお湯で絞ったタオルで目の周りを温める
・(↑同じように)あたたかいお湯で絞ったタオルを肩にかけて温める
・ふくらはぎを揉んでマッサージする

 

 

また、疲れにくい元気な体を手に入れるためには運動も大切です。

生活に取り入れやすい小さな運動を意識してみる

・階段を使ってみる
・朝起きたら体を伸ばしてみる
・よく噛んで食事する
・散歩する

日々蓄積される疲れは目に見えるものではないからこそ、きちんとケアを続けたいですね。無理のない範囲で習慣化していきましょう。