第二の心臓と呼ばれる体のパーツはご存知ですか?

実は、ふくらは ぎが第二の心臓だと言われています。 心臓はポンプのように動き血液を送り出す役目を担っていますが、 ふくらはぎにある筋肉も、心臓と同じように下半身に滞りやすい血液をポンプのように体内に循環させる働きをもっています。
そして、 そのふくらはぎのポンプの役割は下半身のむくみにおいてとても重要な鍵を握っています。

下半身のむくみ

むくみの症状を訴える人の中でも多いのが下半身のむくみ。むくみは体内の水分バランスが原因で引き起こるといわれており、その体内の水分は重力の関係で下半身に溜まってしまいます

夕方になると靴がきつくなる。靴下の跡がなかなか取れない。歩くのが辛くなる。などといったむくみの症状は、排出されなかった水分がどんどん下に溜まっていくことが原因なのです。

そこで働きかけるのがふくらはぎのポンプの役割。ふくらはぎの筋肉がポンプのように伸縮することで、下から上へと下半身の血液を 心臓まで押し出してくれる働きがあります。しかし、筋肉量が少なかったり長い間むくんだ状態が続き、筋肉がかたまってしまってい たり凝りができていると、日常生活の動作ではうまく機能することができず、むくみの悪循環に陥ってしまうことになります。

ふくらはぎを鍛える

運動不足や疲労などの理由で下半身の血行が悪くなってしまうと、 循環されるはずの血液が下半身に溜まってしまいます。また、血液 が下半身に溜まり、全身を循環する血液が少なくなると高血圧を引き起こしてしまう可能性もあります。

そのようなことを防ぐためにも、日頃から運動マッサージなどでふくらはぎを鍛えたりケアすることで血行を促進することが重要になります。

下半身の血行不良の改善に役立つのは、体のめぐりをよくして下半身をすっきりしてくれるのが、この『めぐりゆく』
めぐりゆくには、水分代謝をよくする働きがあるため体に溜まった不要な塩分や水分をキレイに流してくれる効果が!
ぜひ、運動やマッサージと合わせて試してみてくださいね!
めぐりゆくが気になる方はこちらへどうぞ!