少しずつ日も短くなり、秋がやってきました。夏の暑さも落ち着いてくるころですが、目に見えない蓄積した疲れを感じやすい時期でもあります。「なんだか最近疲れやすい。」「休んだつもりなのに、スッキリしない。」と感じることはありませんか?

その疲れ、血行不良が原因かも

夏の間にエアコンの効いた室内で長時間すごしたり、冷たいものばかり飲んだり、お風呂をシャワーで済ませていたりして血行不良になってしまうと、体の疲れはなかなか取れにくくなってしまいます。

そうして血行不良による疲れが蓄積されていくと、こんな症状が出てきます。

・肩こり

肩こりに悩む方は多いと思いますが、肩こりの主な原因は血行不良です。血行不良による肩こりが慢性化してしまうと、さらに『頭痛』や『吐き気』などの症状も出てきてしまいます。

・目の疲れ

目の中にもたくさんの血管があるため、血行不良になる事で目も疲れを感じやすくなります。目がしょぼしょぼしてしまうのは、目の血管が血行不良になってしまった合図です。

・むくみ

血行不良が引き起こす『むくみ』は、夕方になると足がパンパンになって靴がきつくなったり、靴下を脱ぐとゴムの跡がくっきりついてしまったり。また、症状が悪化してしまうと手足の先が痺れてしまう事もあります。