更年期の時期に気をつけたい病気

更年期の症状に治療を行ったり、対策をすることは、更年期後にかかりやすくなる病気を予防してくれる役割も果たしてくれます。エストロゲンには骨からカルシウムが減らないようにしたり、コレステロールの増加を抑える働きがあり、これが骨粗鬆症生活習慣病の予防になるのです。

閉経後はこんな病気に気をつけましょう。

  • 子宮下垂、子宮脱
  • うつ病
  • 動脈硬化症
  • 卵巣がん
  • 子宮体がん
  • 高脂血症
  • 乳がん
  • 高血圧症
  • 脳梗塞、脳出血
  • 肩関節周囲炎

まとめ

更年期障害は女性特有の悩みではありますが、悪いことではありません。女性は仕事や家事をこなすうちに知らずしらず疲れやストレスを溜め込んでいるもの

そんななか、更年期症状が現れることでと仕事や日常的な活動をセーブせざるをえなくなりますが、これが日常のストレスや疲れが大病にかわってしまう前のブレーキの役割を果たすことになるのです。不調の前の気付きのサインだと前向きに受け止められるとよいでしょう。