なんとなく気分が落ち込んだり、体が熱っぽくて朝起きられなかったり・・
このような症状に悩む方は多いのではないでしょうか?

自律神経は心身全体の機能をコントロールする役割を持っていることはご存知ですか?

自律神経とは

自律神経とは、全身の臓器や血管の機能を調整する中枢のことです。
心臓を動かしたり、血液を体中に流したり、
私たちの生命を維持する体の機能は自律神経によってコントロールされ
交感神経と副交感神経という2つの神経がバランスよく
働く事によって健康が維持されています。

自律神経が乱れた時に起こる症状

先ほど説明した2つの神経のバランスが崩れた時に起きるのが、
自律神経の乱れによる症状です。様々な症状がありますが、

代表的なものは、体のふらつき・微熱・めまい・肩こり・不眠・慢性的な疲れ・
便秘・むくみ・息苦しさ・いつも体の調子が悪く毎日の生活がとてもつらい。

などがあります。

自律神経の乱れによる影響は、血管の拡張・収縮、血液の上昇・低下、
気道の拡張収縮をはじめ、胃腸の動き、発汗、免疫機能まで、全身の作用に関わります。
そのため、自律神経が乱れると全身に影響が出てしまうのです。

自律神経が乱れる原因とは

自律神経が乱れる原因は、睡眠起床時間が乱れた不規則な生活、過度なストレス、
過食、運動不足、月経不順などが考えられます。新しい職場や自宅など、
環境の変化や湿度や温度の変化、大きな社会的ニュース、災害による不安や
緊迫した気持ちが続いた時にも乱れます。

様々なストレスを感じた時、体は対応する措置をとります。
しかし、自律神経が乱れる生活を続けていると、
徐々にストレスに対抗できなくなり自律神経機能が低下していくのです。

そして自律神経の乱れというのは自分では気づきにくいものです。
「体がふらついて、微熱もあってだるい。胃腸の調子も良くない・・」と
病院で診てもらっても、「特に異常はない。」と診断され、
体調が悪いのに原因がわからない。という新たなストレスを作ってしまうこともあります。

こんな生活をしている人は要注意

2017-10-02

私たちの日常生活は食事・睡眠・労働・休養・運動の5つの要素があります。
これらの習慣や生活リズムの歪みから、様々なストレスが生まれてきます。
一度、自分の生活を見直してみましょう。