季節の変わり目や天気の変化で頭痛やめまいが起こることはありませんか?
その体調不良の原因は「気象病」かもしれません。
天気が変わりやすい季節を少しでも快適に過ごすために、有効な対処法を知っておきましょう!

気象病の原因と主な症状

急な気圧や温度の変化による自律神経が乱れ血流が悪くなることが原因だと言われています。
主な症状は
片頭痛・・・片方の頭(こめかみの辺り)が、脈を打つようにズキズキと痛むのが特徴。

関節痛・・・特に多いのが膝痛。

めまい・・・体の平衝感覚を司る、内耳神経の不調で起こる。

気象病の対策と対処法

規則正しい生活・・・不規則な生活や睡眠不足は気象病を招く原因です。早寝早起きを心がけ、睡眠をしっかりとりましょう。
入浴・・・体を温めることで血流が改善され、自律神経を整えます。

気象病チェック!

□車酔いしやすい
□のぼせやすい
□夕方になると集中力がなくなる
□雨が降る前、関節や古傷が痛む
□寒暖差に弱い
□不眠になりやすい

3つ以上当てはまる人は、気象病を感じやすい傾向があります。十分に注意しましょう。