今年も夏がやってきました。暑い夏はクーラーなどの冷房冷たい飲み物や食べ物などで体の中は冷えてしまいがち。体の中や内臓が冷えてしまうと、体温調節がうまくいかず体調を崩したり、夜眠れなくなってしまったり、下痢をしたりなどと、夏なのに冷えからくるトラブルに悩まされてしまいます。実は冷えてしまいやすい夏だからこそ、しっかり対策をして元気に暑い夏を乗り切りましょう!

 

夏でも体は冷えてしまう!?

その原因は様々です。

・クーラーなどの冷房

暑い夏に欠かせないクーラーですが、ついつい温度を下げて設定してしまう方は多いのではないでしょうか。しかし、冷え切ったところで過ごしていると、体もすっかり冷えてしまいます。体のためにも冷房の温度は適温とされている27~28度を保つようにしましょう。また、扇風機も合わせて使用することでお部屋の空気の循環がよくなり、クーラーの温度を下げなくても過ごしやすくなります。

・冷たい飲み物や食べ物

かき氷やアイス、冷たい麦茶など。夏になると食べたくなるのは冷たいものばかり。しかし体の内側から冷やしてしまうことを覚えておきましょう。内臓が冷えてしまうとその働きが悪くなり、体温調節ができなくなったり、お腹を下してしまいます。また、体が冷えることで血管が収縮し、血流が悪くなってしまいます。体が凝りやすくなった。だるいと感じるようになったときは、内臓が弱っている証拠かもしれません。

・生活習慣

運動不足や偏った食事を続けていると、冷え体質になってしまいます。脂身の多い肉や魚、生野菜、白いパンやごはんは体を冷やす作用があります。食材や調理方法のバランスを考えた食事をとり、軽い運動やストレッチなどを行うように心がけましょう。筋肉量が増えると熱をつくりだすことができるようになるので体が冷えにくくなります。また、血行をよくするリンパマッサージもおすすめです!