暑い夏を元気に過ごすために、体の中のケアも忘れず行っていきましょう!

・入浴
夏はシャワーで済ませたいという方も多いと思います。しかし冷房によって負担がかかった内臓を入浴することであたためてあげましょう。40度くらいのお湯に15-20分浸かることで血行もよくなります。

・温かい飲み物を飲む
暑い季節、体の熱を冷ますように調節をしてくれるのは腎臓です。腎臓は温めることにより最も効果的にはたらきます。ホットタオルで背中を温めるのも効果的ですが、温かいお茶や白湯を飲む習慣をつけると良いでしょう。

・いつでも体温調節できるように
バスや電車などの交通機関や施設の中などは自分で冷房の調整ができません。そんなときに体が冷えすぎないように体温調節できるように薄手の羽織りやストールなどを持っておくと安心です。

・砂糖は体を冷やす?
白砂糖は体を冷やしてしまうことで有名ですが、反対に体をあたためる砂糖もあります。それは『てんさい糖』。寒い地方でとれる食材は体を温める作用があるといわれています。